4歳年下のアメリカ人と結婚。バージニアを離れ、今はノースカロライナ州に在住して、お菓子つくり、ハワイアンキルトなどを楽しんでおります。国際結婚のこと、GCのことなど、参考にしてくださいね♪


by romeo_961
カレンダー

<   2007年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ハイジの白いパン 

今日はお天気もいいし、病院もとりあえずないし、
のんびりできる一日♪
たまった洗濯物を洗って、お料理もしちゃおうかな。

先日手に入れた上新粉。

どうしてももっちりモチモチしたパンが食べたくて、
白いパンをつくりました



e0063131_517986.jpg



まっしろ~い、 ハイジに出てきた白いパンを想像してつくりました♪
焦げないように低温で、焼き時間はみじかく、最後は余熱で。

焼きたてをたべてみたら


e0063131_5182894.jpg




ヤヴァイ!!!

もっちもち~!!!!

上新粉のおかげなのかな~。
近づけましたよ。 白い食卓ロール 豆乳入りに!!! 

               ↑ 知ってる ?このパン


e0063131_520750.jpg




コレ! 日本いるみなさんは知ってるよね!

日本にいるときに、スーパーにいくたびに
このパンを買ってはむしゃむしゃと飽きることなくたべてました。


真っ白で、 フワフワで、もっちり!!


リスも日本にいたときはに、このパンばっかり フタリでたべてた。
シチューやサンドウィッチにサイコウ!!
あ~これが食べたい・・・・

これには及ばないけど、
もっちりした パンを久しぶりに食べて、 歯がキュッ ってなる感覚をおもいだしました~♪


もうちょっと甘味がほしかったので、お砂糖かハチミツを多めに 次回はしてみよっと!!


このあいだ、 夜9時からの番組で 「Next Iron Shef」 (日本の料理の鉄人が、アメリカバージョンでやってて、その次なる鉄人をひとりきめるコンテスト)
を楽しみにしてたのに、 9時になっても 違う番組がやってた。
なんで??って思って10時を待ってたらはじまった。

TVも間違えることあるんだねなんて思ってベッドに入り、
翌朝、部屋のアラームが9時半で鳴った。 
止めて、携帯の時計をみたら、8時半。 


あれ?
もしや? 

サマータイム終了~☆☆(^^ゞ

まったくきづきませんでしたぁ~。
携帯は自動的にかわるのよね。

病院のアポの時間、間違えなくてよかったぁ~ 

これからは日本との時差は14時間になったってことか 。ああまぎらわしい・・・。
[PR]
by romeo_961 | 2007-11-08 05:23 | FOODS

今日も病院 

今日は、うちから車で20分ほどにある、 Damneck という 軍のベースのOB/GYN(産婦人科)へってきた。 

初めて妊娠を告げられたのが10月5日

そのあと、これから通うイチバン近い産婦人科を指定され、
その予約の日が今日の11月6日。

一ヶ月も間があいた。
この間にとてつもないコトがおきまくったが。

今日は検診というより、ナースとの面談。

私の情報を登録する日。

あとは尿検査と血液検査。


この血液検査がまたクセモノだった。

もともと血がとれにくいし、 血管をみつけにくい私の腕。
ここの方たちは、腕がいいといわれて来てみたが、
そんなのは関係なく、とにかく私の血管のせいだろう。

最初に若い男性が左腕、右腕を試し、採血できず。
女性がきて、右腕はダメ、左腕でやっと取れた。

と思ったら、 5本だか6本だかとったとこで、血が止まる。

そしてもう一回やり直しで右腕。

女性がナースを呼んできて、ナースもトライ。

結局、血はでてこず。

そしてその間、何回も刺されてる自分の腕をみたり、
向かいに座って採血されてる女性を見てたら、
気分の悪さ倍増で、 頭がうなだれてしまった。

これだから採血は嫌いだ。
これから何回、これをされるのかと思うと、また妊娠の恐怖が来る。

もういやだ・・。痛いよぉ・・・・


ナースから『がんばったね』と スニッカーズをもらい、
今日のところは帰宅。

金曜にまた出直し、 残りの血を採りに行く。

今日は寒かったし、早朝だったし、カラダもあったまってなかったから。
次回は動いてあったかくして、水も沢山飲んで、ゴハンもキチンと食べていこう。


帰宅の途中で、2週間分の買い物をした。
キングのえさ、あたしのごはんや トイレットペーパー。
リスがいたらこんなことしなくていいのに、とちょっとぐずった(-_-;)
これからたまってる洗濯もしなきゃいけない。

ひとつ解決すると、またひとつ。
ああ、悩みはつきない


家に着いて リスとスカイプでお話した。

今日の血液のことや、昨日の病院のこと(遠いし、帰りは渋滞はまるし)、 
もうこんな生活にストレスがたまり、 妊娠してる自分がつらいことを
半ベソかきながら話した。

でも、リスのせいじゃないし、やつあたりするほど子供にはなりたくないから、
リスのやさしい言葉を スナオに受け止める。
リスも、海の向こうにいる自分がくやしいと言ってくれてるので、
そんなやさしい人がお父さんでよかったと思う。
短気なあたしが、いつもおだやかなのは、リスのおかげです。


朝晩だけ、つわりの症状があり、胃がムカムカしますが、
キングの散歩にいくと 気分がスッキリ。
今日の夜は、海風がちょっと寒かったけど、空気が澄んでて、波音が聞こえて、
気持ち悪さも一気になくなりました☆

そして夕食もおいしい♪
なんと今の食事は 、ほとんど友達のMashleyちゃんの手作り!!



e0063131_11424860.jpg


みよ!この品数を!!
写真以外にもあるよ。

これは、帝王切開で産んだ友達に作ったご飯をあたしのとこにも届けてくれたんだけど
「ほんとに残り物だよ」
と言われて、それでもいいっていってたの。
でも、残り物じゃないじゃん!!!

☆えびと青梗菜のあっさり炒め
☆いんげんのゴマあえ
☆白和え
☆照り焼きチキン
☆豆腐ハンバーグ
☆煮もの

写真外で 

☆トン汁
☆塩ジャケ (彼女が塩でつけてくれたの!)

これをタッパーにいっぱいにくれた☆

貧血気味だったあたしを気遣い、豆腐ハンバーグとかも作ってくれた。

おかげさまで、立ちくらみもなくなりました。

このゴハンにすごく助けられました。

なんかあったらいつでも言ってねって言ってくれてて、ホントウに甘えてしまっています。
ありがとう!
あたしも元気になったら
何か作るからね!!

あたしの寂しさを支えてくれる、友達と和食の力はすごいです☆

だからがんばらなきゃです。
[PR]
by romeo_961 | 2007-11-07 11:50 | Pregnancy Life
みなさん、このたびは、みなさんからのコメントやメール、電話、
沢山頂いて、励ましていただいてありがとうございました。

もううれしくて、ブログに書いてよかったとホントウに思っています。
ここは私のキモチの吐き場であり、
こっそり悩んでいるよりも みなさんの経験やはげましで、
私の気持ちがどれだけ 晴れたことか。


メールをくださった方、ありがとう。
今すこしづつ、お返事してますので待っててくださいね。
ホントウに沢山のメールを頂いたので(*^。^*)
もううれしいです。



あれから出血はまだ続いていました。
結構な量がでます。
でも今朝はナプキンにかする程度でしたが、油断できないのではずせません。

今日は、前回行った ポーツマスというところにある病院に行き、
再度、ベイビーが元気かを確認しにいきました。



病院にも慣れ、でも待合室で旦那さんと来てるひとを見ると

「いいなぁ~(-_-;)」 とうらやましくなります。 あと 8ヶ月・・・・・ナゲッ





アメリカではエコーの写真は、初期と中期と、後期(あったっけ)
とほんの数枚の写真しかくれません。
アルイミ、私は毎週写真をいただけてラッキーです。


e0063131_1046689.jpg


こちらが9週4日目のベイビーです。
先週よりも1cmちかくおおきくなりました。

左にアタマがあります。

今日はベイビーはわたしにスイミングを見せてくれました。
手がね、プカプカァ~って泳いでるようでした。

ベイビーが入っている袋の上にはまだ、 いなくなってしまったベイビーの袋が
残っています。
見るとちょっと寂しいですが、守ってくれてありがとうと思いました。


出血はあるけど、つわりの症状もあり。
もうめっちゃくちゃな私の妊娠生活です。

病院が終わると、もうほっとしたのか、 おせんべいがムショーに食べたくなったので
ICHIBAN(日本食スーパー)によってお菓子などを買いました。
一瞬やけくそになって イクラとかサシミとか食ってやろうと思いましたが
お店のオネエサンに「産んだら食べなさい」
と言われ、ワレにかえりました(^^ゞ 
はい、産んだら マグロだの、貝だの、沢山買いますからね♪

安定期までガンバル!! って思っても、まだまだ先のこと。

気長にのんびり、妊婦生活を楽しもうと思います。

みなさんに見守られて、このコも幸せです。
ありがとうございました


Romeo
[PR]
by romeo_961 | 2007-11-06 11:00 | Pregnancy Life

ちょっと話長いです。

今週、とてもフシギな体験をした。

というか、この数週間は、わたしにとってとってもハードで、
思い出深いできごとになった。

ここに書くのはまだ早いと思ったけど、私と同じ状況の人がいたら参考になるのではないかと思い、書いてみた。



先週の日曜日。
夕方、TVを見ながらフレンチフライを作ってカウチに横になってダラダラしていた。

すると

何やら下半身に違和感が走った。

「ん?おしっこ?生理の血?いや、そんなはずはない!まさか!!」

そう、生理のはずはないのだ。


なぜなら私は 妊娠7週だったから。


リスが韓国に行く数日前、生理が2日遅れた。数日だったけど、でもなんとなく、妊娠している確信があったし、 リスが行ってしまう前にリスにお父さんの喜びを味わって欲しいと、
検査薬を買ってきて確認。
10秒もたたないうちに反応した。
翌日、病院で妊娠を告げられた。

リスが居なくなってからもつわりの症状は軽く、いつも友達と遊んだり気分転換もおおかったので、快適にすごしていた矢先だった。

下半身から流れ出る何かを止めることはできない。
勝手に流れてるのがわかる。

トイレにいって下着を下ろした瞬間、そこは血の海だった。

「あっ・・あぁぁぁ・・・ 」 

人間はもうだめだと思ってるときは声もでない

あたしはただただ、赤ちゃんみたいに声を上げて泣いてた

"赤ちゃんが流れてる・・・”

妊娠がわかって3週間。おなかもでてないし、つわりも軽いしで、赤ちゃんの存在をとても軽く見ていた私。 この日、ホントウに大切だったんだと改めて思った。

どうしていいかわからず、病院に連絡しなきゃいけないけど、初検診がまだな私はどこに行ったらいいかわからず。

携帯電話は 友達のあふちゃんにコールしてた。

あふちゃんが出た瞬間にほっとしたのと、悲しみがこみ上げてきて、
また泣いてしまった。

「ERに行こう!いまから行くから!」っと言って、
20分足らずでうちに来てくれた。

ER=Emergency Room(救急救命室)
もともと健康なあたしにはこんなとこに縁もなく、一人で行く勇気もない。
あふちゃんと、たまたま出産で 入院していた友達夫婦の旦那さんも
一緒に診察に付き合ってくれた。
あたしはそれだけで救われた。

夕方19時ごろ、診察が始まった。
血液検査、血圧、ウルトラサウンド。 産婦人科専門医がいるわけではないし、
救急病院のため先生もいそがしい。
ひとつの検査で1時間待たされる。

それでも先生は丁寧に、ちゃんと検査してくれ、いつも明るく接してくれた。


あの大量の出血。 あれでは流産してもおかしくない。
いいや、あれは流産だから、先生に言われるの、覚悟しよう。


3時間過ぎて、検査も終わり、結果がでた。



赤ちゃんは生きてた。 
ウルトラサウンドをやったとき、 心拍が聞こえた。
でもあたしは赤ちゃんはもう流れてると思ったから、あたしの体の音かと思って先生に聞かなかった。
でもそれは、あかちゃんの心拍の音だった。

まだおなかにいる。


先生は
「たまに妊娠中でも生理が来る場合もある。でもそれはフツーではありえないから、キチンと産婦人科で検査してもらってください。まだ流産の可能性もあるから。 」

と言って、にっこりわらって去っていった。

先生の笑顔で救われた。

あふちゃんも喜んでくれて、 家まで送ってくれたとき、最後にあふちゃんはハグして喜んでくれた。


とにかく、産婦人科で原因を調べなきゃいけない。

3日後、ポーツマスというところにある軍の産婦人科 (アメリカでは産婦人科 OB/GYNと言います)に行ってきた。ここはあたしが出産するところ。

とにかくでっかい大学病院らしく、すべてのスペシャリストがここにいるらしい。

この日も、あふちゃんにお願いして付いて来てもらった。
あふちゃん、嫌な顔ひとつせずに付き合ってくれた本当にありがとう。

この2日間にも出血はあるし、心拍が停止していたら・・・。

先生に呼ばれて即診察。

ドクターオースティン と助手(?)の女性が診察してくれた。

もういきなりウルトラサウンド。

画面にあたしの子宮内が映った。


「赤ちゃんはいますか?」との質問に


「ここにいるよ~。元気だよ。 それでね・・・」


と、ドクターはとあるところを指した。





e0063131_1315172.jpg



「ココに空洞があるでしょう (緑でかこんだところ)。 
  ここにもね、ベイビーがいたね。 双子だったね 」


えっ!!??ふっ・・ふたご!!???

思わず顔がほころんでしまった。


先生は続けて、

「これはバニシングツイン (Vanishing twin) って言って、双子のかたっぽが
 居なくなってしまうことなんだよ。 
 これはよくあることで、あってもフシギなことじゃないんだ。 
 出血は、このコが流れてしまったから、アルイミ流産だけど、流産にははいらないんだ」と。


あたしは開いた口がふさがらなかった・・・

まさか・・あたしが双子・・・

双子って不妊治療したり、双子家系の人がなるもんだとばっかり。


というか、オースティン先生の診断の速さに脱帽!
見た瞬間にわかった。

ERではほかの空洞まで気がまわらないよね。
専門医じゃないから。
ここにきてよかった。



ただ、残っているコも10%の流産率はあるそうです。
だから、まだまだ油断できない

でもアメリカは、流れてしまうものをとめることはできないということで、薬とかはもらいません。

フタリではおなかのかなでは育たないため、一人がモウヒトリを助けてくれた。
そう思わずにはいられません。

でも、あのまま順調に育ったらと考えると、それも楽しみだった気がして、ちょっと悲しくもあります。
うれしくも悲しい。

初めて出血した日、 塊がでてきた。
あれはやっぱり、 片割れの体だったのだろうかと考えると、とっても愛おしくおもいました。


どおりで出血してもベイビーは生きてるし、あたしもつわりの症状もあるはず。


リスに連絡したら、驚いてました。
「ツインズか!!」 とやっぱり笑ってた。
あたしたちのコらしいね。 って。
リスもあたしも、 このコに対して一層の愛情がでました。

今のところ、ベイビーは順調です。
また検診にいかなきゃですが。


なにより、あたしの気持ちがとっても楽になりました。日曜から 
気が狂うほどの疲労感、罪悪感でイッパイだったので。

でもそんなキモチを和らげてくれてたのは、ドクターとほかならぬ友達。

悲しいとき、飛んできてくれる友達、あふちゃんにはほんとにおせわになりました。
子供がうまれたばっかの友もダンナさんも心配してくれたし、
ゴハンを差し入れしてくれるといってくれた友達。
カフェインヌキのコーヒーやお茶をくれたり、沢山の本をかしてくれたり。
心配して電話掛けてきてくれたり。

みんなが心配してくれて、ホントウにホントウにうれしかったです。
リスがいなくて、なんにもできないあたしを助けてくれてありがとうございます。

あたしは家族と同じくらい、友達が大切です。

こんなみんながいるので、あたしはここ、バージニアビーチで出産することになりました。
リスは臨月に有給とって帰ってくることしかできないので、
それまでは一人でがんばる。
でもみんなが居てくれるから、ここで産もうときめました。

みんなに助けてもらった命だから、大切にして、
このまま順調に、元気なコを産みたいと思っています。


今、8週4日目。 

予定日は6月8日です。

ママになります♪
[PR]
by romeo_961 | 2007-11-02 12:45 | Pregnancy Life