4歳年下のアメリカ人と結婚。バージニアを離れ、今はノースカロライナ州に在住して、お菓子つくり、ハワイアンキルトなどを楽しんでおります。国際結婚のこと、GCのことなど、参考にしてくださいね♪


by romeo_961
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:books( 2 )

国家の品格

日本は世界で唯一の「情緒と形の文明」である。国際化という名のアメリカ化に踊らされてきた日本人は、この誇るべき「国柄」を長らく忘れてきた。「論理」と「合理性」頼みの「改革」では、社会の荒廃を食い止めることはできない。いま日本に必要なのは、論理よりも情緒、英語よりも国語、民主主義よりも武士道精神であり、「国家の品格」を取り戻すことである。すべての日本人に誇りと自信を与える画期的提言。

e0063131_14453614.jpg


↑この本、今日本中で売れてます。

昨日実家に帰った時、母が教えてくれ、早速本屋さんへ走った。

渡米する私へ、母がどうしても読んでほしいと、教えてくれた。

アメリカかぶれだった著者が、帰国して感じたギャップ。欧米化する日本社会の中で、
崩れていく日本の『情緒』 や『文化』を語ってくれる。
なんだか日本のよさが沢山書いてある本だ。
例えばね

『桜の花に何を見るか』
桜の花は、ご存知のように本当にきれいなのはたったの3、4日です。
しかもそのときを狙っていたかのように風や嵐が吹きまくる。
それで『ああ』と思っているうちに散ってしまう。  日本人はたった3、4日の美しさのために、
あのでくの坊のような木を日本中に植えている。

桜の木なんて毛虫はつきやすいし、むやみに太い上にねじれていて、花でも咲かなければ、引っこ抜きたくなるような木です。
しかし日本人は桜の花が咲くこの3、4日に無上の価値を置く。
たったの3、4日に命を懸けて潔く散っていく桜の花に、人生を投影し、そこに他の花とは格別の美しさを見出している。
だからこそ、桜をことのほか大事にし、『花は桜、人は武士』とまで持ち上げ、ついに国花にまでしたのです。

桜の時期になるとみんながうきうきします。自分の知っている名所が気になりだす。
天候も心配になる。
アメリカ・ワシントンのポトマック川沿いにも、荒川堤から持ってきた美しい桜が咲きます。
日本の桜より美しいかも知れない。でも、
アメリカ人にとってそれは『オーワンダフル』『オービューティフル』と眺めるたいしょうに過ぎない。
そこに儚い人生を投影しつつ、美しさに長嘆息するようなヒマ人はいません。




紅葉についても同じことが書いてあった。
枯れた葉をいとおしむのは日本人くらいだと。

これ読んだら、ますます日本がすきになりました。日本人の良いところが、沢山書いてあった。
是非一読あれ。
[PR]
by romeo_961 | 2006-04-23 15:08 | books

てんない 完全版

うちの会社では、少女漫画が大量に出回っており、約30分ものなが~い電車の中を、
毎日満たされております♪ 
日本の漫画は最高ですな(*^。^*)
今はこれです。
e0063131_126489.gif

矢沢あいの”天使なんかじゃない” 完全版
ホットロードに匹敵するほどのけっさくですな。
みなさん、若いとき、よみました?りぼん☆

さて、これから読みふけって涙しちゃう~!!
[PR]
by romeo_961 | 2006-03-24 01:30 | books