4歳年下のアメリカ人と結婚。バージニアを離れ、今はノースカロライナ州に在住して、お菓子つくり、ハワイアンキルトなどを楽しんでおります。国際結婚のこと、GCのことなど、参考にしてくださいね♪


by romeo_961
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

拳銃の重さ

先週の日曜日、
お友達のみきちゃん夫婦から電話があって、

愛犬bebeの散歩にビーチにくるって事で、
kingを連れてリスと行ったよ

e0063131_1272597.jpg


bebeたん 4ヶ月

だっけな。

とっても軽くて元気で、超~かわいいの~♪

kingくんの大量のう○ちクンを拾いながら遊ぶ私・・・
これでもかってくらいしてたなあ・・・
 

で、旦那様のDからのお誘いで、

GUNをうちに行くことになった。

e0063131_1301092.jpg
アメリカでは、12歳になると、ハンティングに行ったりするしきたりがあったりと、
銃は基本的に合法

とくに田舎に住んでる人なんかは、ハンティングを楽しんだりしている。

私  「なんで鹿を殺して楽しむの?」

リス 「よく道路に鹿が飛び出してきて、あぶないだろう? 繁殖しすぎているから、
    事故にあうよりはいいんだよ」 

さて、射撃場の中には、たくさんの人で列ができていました

銃を打つ場所は、ちゃんとレーンになってて、向こう側に人型の紙なんかをおいて、
的を置ける

銃声というのは、とってもおおきな音で、ヘッドホンと、グラスは必需品。
打った玉のカスが目に当たることもあるからだ。


リスが借りてくれたのは、初心者用にとっても細い、22口径(だっけな?)

e0063131_1352817.jpg


使い方をリスとDがせつめいしてくれて、
では いざ、 うってみようか!

Dが一緒に撃ってくれたけど、22口径よりも倍以上でかいヤツで一発目


e0063131_143953.jpg



バゴォ~~ン!!

両手で握った手が、上に上がりそうになり、必死でこらえる
爆音と共に小さな火が吹いた

今までに経験したことのない爆音!

e0063131_1412787.jpg


ミキちゃんの写真を撮ったら、ちょうど火花が見えた。

みきちゃんとふたり、撃った後 ”ギャー”だの、 ”コエー”だの、
うちらだけが代興奮してた

そのあと、22口径で撃ってみて、一発目のよりは軽かったので、
撃ちやすかった

それでも扱いに緊張したり、手に汗にぎる


いざ、自分が護身用にもったとしても、それをつかいこなせるかというと、
ムリだとはっきりわかるが、
でも経験として、安全装置の有無、 拳銃ってもんがどんだけすごい威力を発揮するものなのかがわかった

とにかくあれはすごい。
よくあんな小さな物体から、とんでもない威力の爆音と銃弾が飛び出すもんだ。


ここVBはすごく治安のいいところだなって思うけど、それでもやっぱりショッピングモールや住宅街で発砲事件が相次ぐ。

自分が事件に巻き込まれないとも限らない

そんなとき、銃をみて、まったくわからんよりは
しっておいたほうがいいのかなとは思った

これもひとつのアメリカなのだ

戦争、拳銃所持、日本ではありえないけど、アメリカではフツーにありえること

日 VS 米 で、たまに頭の中で葛藤するけど、

もっと頭をやわらかく、順応できる人間になれたらいいな~と思う

とっても貴重な体験をした日でした♪
[PR]
by romeo_961 | 2007-01-12 01:54 | アメリカ生活