4歳年下のアメリカ人と結婚。バージニアを離れ、今はノースカロライナ州に在住して、お菓子つくり、ハワイアンキルトなどを楽しんでおります。国際結婚のこと、GCのことなど、参考にしてくださいね♪


by romeo_961
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Neptune Festival

この週末は、これで正真正銘の夏の終わりを告げるイベント
Neputune Fatival に行ってきた。



e0063131_3382177.jpg


ローマ神話に登場する、 ネプチューン。
海や川など、水を司る神として知られている。

このお祭りの趣旨は、

もちろん、海をたたえ、そして、夏の終わりを祝うというもの。

というのはあくまで表向き。

実際は 

「イェ~イ!地元のみんな、ツーリストに協力、おつかれちゃ~ん!今日は地元民でさわご~ぜ~!!」


という、地元民のお祭りなのだ。

その証拠に今まで毎週のようにあった、恒例の「SUNDAY FIREWORKS」(日曜日の花火)がなく、土曜日だけ。日曜の夜はみんな、学校や仕事の準備で寝ちゃうでしょ?

このお祭りを境に、 月曜からは路上にある、コインを入れるパーキングメーターは取り外され、
すべての人は路駐OK!
チケットを切られることもなくなるのだ!

本当に、毎日のように真夜中までコンサートやら、花火やらあげられてると、
いい加減お年寄りもかわいそうだわね。
でももう心配ないわ♪ これからゴーストタウンへ向けてまっしぐら!


e0063131_3452025.jpg


砂で作られた海の世界

以前から砂山が盛られてたけど、まさかこれに変身するなんて!

e0063131_346309.jpg


お城、キング&クイーンをトップに、イルカやクラゲ、亀やタコたちが海の世界を作り上げていた

クイーン、すっごい精密に作られてて、目とか超すごかった!
なんか引き込まれたわあ


e0063131_348214.jpg

一匹だけ、この世に存在しない魚。
架空の魚で有名な”三つ目の魚”


海辺のボードウォークには、何キロにも渡って出店が。
基本はテントだけど、中にはこんな


e0063131_3505916.jpg


かわいいお店も。 レモンの形の レモネード屋さん♪

屋台も日本ではお目にかかれないものばかり。

私がどうしても気になったのは


e0063131_3541187.jpg



↑FUNNEL CAKE (ファンネル ケーキ)

道行く人、み~んな買ってるわけ!
もう気になってしかたなくて、でも脂っこいんじゃないかって思って迷ったけど、
「ええい!挑戦だ!」

パクっ!

あら~☆☆☆♪♪ なんてふんわりモチモチ ♪

ぜんぜん脂っこくないしぃ~♪

そしてそんなにあまくな~い♪

簡単にいうと、 ホットケーキミックスをらせん状に油におとし、ドーナツ風にして、
その上からパウダーシュガーがかかったもの。
とってもやさしい味で、リスとあっという間にペロリ♪
もう一個いけたなあ。

リスが道行く人で気になってたのが

e0063131_3592499.jpg


このソーダ屋さん

マグカップ付きで5ドル。ジュースは好きな樽から

e0063131_41565.jpg


どのソーダも、昔ながらのソーダなので、おいしいものではない。
日本でいう、駄菓子屋にあったジュースに気の抜けた炭酸がはいってるカンジかな?

あとは慣れだな

e0063131_4113263.jpg


←もう一杯飲みたくなったら、1ドル。このカップもっていけばね。
「生きてる限り」ってすごくない?


リスのダイスキな”Philly cheese steak" も一緒に。



e0063131_4154176.jpg


夏の間、観光客の足出をのばすためにバージニアビーチ市は街のクリーンナップにとても力を入れている。

サーファーのわたしにしてみれば、ここの法律はとても厳しいもの
(サーフィンチケット切られたり、犬の散歩もボードウォークは昼間は禁止だったり)

ではあるが、でもビーチがいつ見てもキレイで、ゴミひとつ、落ちていない。
それは何よりもうれしいこと。

私も積極的に、海からあがったらビーチクリーンを心がけています。

来年もたくさんの観光客がここを訪れて、
たくさんの思い出を残していってくれますように♪
[PR]
by romeo_961 | 2006-10-03 04:31 | アメリカ生活