4歳年下のアメリカ人と結婚。バージニアを離れ、今はノースカロライナ州に在住して、お菓子つくり、ハワイアンキルトなどを楽しんでおります。国際結婚のこと、GCのことなど、参考にしてくださいね♪


by romeo_961
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

月の土地

27日は、甥っ子の1歳の誕生日。
何にしようか考えて、結局決めたのが月の土地

私とリスも持っている。
e0063131_0491437.jpg

 ある日、リスの誕生日プレゼントで悩んでいた私はYAHOOの”彼氏へのプレゼントランキング”で堂々2位の月を見つけた。
カレの誕生日の日付で、2人の連名にした。 広さは2エーカー(サッカー場2コ分!)

いまや、月は人間が旅行できる、唯一の惑星。(あ、でも22億円ほどかかるみたい(^^ゞ)
売ってもらえる土地は決まっていて、肉眼で見える月の表面積のみ。
今回は第3期分譲だった。
私たちの土地はココ↓
e0063131_0434048.jpg

ココは”海”と呼ばれる土地で、月の”陸”と呼ばれるところよりも、少し窪んでいる。
ところがこれがいいのだ! 
月の温度は新月の時(例えば三日月とか、ほとんど太陽が当たってなくて、肉眼でつきが見えないとき)と、満月の時の温度差が何百度も違う。
もし、月で生活するならば、満月の時に地表にいると熱でやられてしまうので、
地面深くに家を作る必要がある。
すこ~しでもへこんでれば、掘る労力が減るし、へへへ(*^。^*)

まぁ~夢だけどね~。でも、夢を持つっていいことだし、
ご近所出身の”野口さん”だって、茅ヶ崎から宇宙へ行ったし。
もしかしたら、甥っ子が宇宙飛行士になるやもしれん。
未来があるってすばらしい。

私たちの土地は、名義を譲れるので、いつか私たちの子供が生まれたら、譲ろうと思う。
我が家の家宝だ(笑)
そして、次の世代の時に、甥っ子と私たちの子供、もしくはそのまた子供たちが、月へ行き、
”月のオーナーパーティ”を開いてくれることを夢見ている。
[PR]
by romeo_961 | 2005-09-24 23:00 | 私事